『いのちの根』

0314ブログ

『いのちの根』 相田みつを

 

相田みつを氏の詩に「いのちの根」という詩があります。

  

なみだをこらえて

  かなしみにたえるとき

  ぐちをいわずに

  くるしみにたえるとき

  いいわけをしないで

  だまって批判にたえるとき

  いかりをおさえて

  じっと屈辱にたえるとき

  あなたの眼のいろが

  ふかくなり

  いのちの根が

  ふかくなる

 

皆さんは、この詩からなにを感じとれますか?

 

もともと相田みつを氏の詩は、ひらがな中心の書き下ろしで、大人も子どももだれでも読めて、しかもやわらかい感じを受け、親しみやすい書体になっております。そして、だれでも自由に受け止められることができて、連想できるような詩です。

 

なにを伝えたいか?なにを感じとってほしいか?ではなくて、詩に触れた人が、自由にこころで感じとってほしい。すべての詩にそんな思いが込められております。

 

私は、こう感じます・・・人生は、必ずしも季節でいう秋のように実りを実感するばかりではありません。大きく高い壁に立ちふさがれることもあります。「ポジティブシンキング」という考え方があります。どんなに辛くても、くよくよ悩んでいても、そこから先へは進みません。とにかくポジティブ(積極的で肯定的)に考えるようにセルフコントロールしていくことが大切です。ポジティブに前向きにしてさえいれれば、そのうちに悩みはなくなっていく、あるいは軽減していく。後ろ向きな思考ではなく、ものの見方を少し変えてみたりして、道筋を変えてみたりすることによって解決方法がみえてくることがあります。

 

ポジティブシンキングという考え方をすることによって、人生の風雨に立ち向かうことのできる地中にしっかりと根っこを張った生きるための基軸が確立できていけるのだと思います。

 

私の「おもてなしの心」を添えた「おもてなし経営」も同じです。

 自分に関わる問題から目を背けたり、人任せにしたりしてもなんの解決にもなりません。自らが、地面にしっかりと強い心の根っこをおろして主体的にポジティブに関わっていくことが重要です。そこに大きな「おもてなしの心」が反映されます。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

「睡眠不足症候群」

4時間睡眠が1週間続くと糖尿病リスクが一気に上昇!

 

睡眠時間が6時間をきると、がんの発症リスクが高まる!

 

( 参照:http://biz-journal.jp/2014/03/post_4347.html )

 0312ブログ②

 

 ところで「睡眠不足症候群」って知ってますか?

 1.昼間に強い眠気を感じる

 2.昼間だけでなく、朝から眠気を感じる

 3.6時間以上の睡眠をとっているが、やる気が起こらない

 4.6時間以上の睡眠をとっているが、体がだるいと感じる

 5.休みの日に寝だめをしても、すっきりしない

 5つの項目に当てはまる項目が多いほど「睡眠不足症候群」に陥っている可能性が高いと言われているようです。

 社会環境の変化や日頃の生活リズムが不規則で生活習慣が乱れますと、思うように睡眠も取れずに慢性的な睡眠不足になるようです。

 大人だけでなく、今、子どもたちも学校が終わってからの部活動や塾や稽古事に通うことによって、家に帰ってきてから食事を済ませ、宿題や予習をする時間を考えたら睡眠時間も思うようにとれない状況も出てきます。そのため朝もゆっくり寝ていて、朝食も摂らずに登校すれば、授業への集中力も意欲も低下してしまう恐れがあります。

 今の子どもは、忙しい毎日を過ごしております。結局、最終的に一日24時間の中で時間調整を行うとしたら睡眠時間を削ることになってしまうのでしょうか?

 身体を休めている睡眠中には、本来、交感神経から副交感神経に切り替わって緊張状態からリラックス状態になって身体を休ませることができる訳ですから、睡眠不足によって神経が切り替わらなければ、ずっと緊張状態のままで、心身共に休まること無く病気にもなってしまいます。

 昔から、よく「寝る子は育つ」と言われておりますが、睡眠はとても重要ですね。

 何でも過度は良くありませんが、睡眠不足も普段の生活に大きな支障をきたします。

 子どもたちが睡眠不足によって授業中に居眠りや「ボォー」として集中できないことの無いように、家庭でしっかりと子どもたちに生活習慣や生活のリズムを身に付けさせてあげたいですね。

 


カテゴリー: 未分類 | コメントする

様々な料理に合う!とっておきのワインのおもてなし

様々な料理に合う!とっておきのワインをご紹介いたします。

是非、お試しください!!

 

ステーキにもぴったり、良くあいます(^^)/

ブログ画像

 ☆☆☆☆☆☆☆本日のお勧めルーマニア“赤”ワインはこちらです!★★★★★★★

バリカットレッド 2008年 赤 フルボディ 750ml

ワインe4

(当店限定!日本独占販売の本格ルーマニアワイン)

プルーンの風味と味わいで、強い個性なドライワインとして製造してあります。開栓後、風味をまろやかにするため、30分程度置いてからお召し上がりください。赤身の肉や、パスタ、チーズなどのお料理に良くあいます。

BARRICAT Red(バリカット レッド)

色  :赤

品 種:カベルネ・ソヴィニヨン

味   :フルボディ

生産年:2008

内容量:750ml

使用している葡萄の種類:カベルネ・ソヴィニヨン

世界で最も栽培されている黒ブドウ品種のひとつ、晩熟な品種であるため、温暖な気候と水はけのよい土地を好みます。

カベルネ・ソーヴィニヨンは、ワインがワインであるその定義を、その味わいを示してくれる、そんな期待を裏切らない安心感が魅力です。失敗したくないワイン選びのときは、このカベルネ・ソーヴィニヨンの名前があるワインを選ぶだけでも、少し安心することができると評判です。

■ワイン原材料■

葡萄100% 酸化防止剤:亜硫酸塩

■ワイン保存方法■

横に寝かせて、暗く涼しい静かなところに保存してください。

温度は13~15℃、湿度は70~80%が最適です。

ご家庭の冷蔵庫での長期保管は、コルクが乾燥してしまいますし、

酒石が析出することがありますのでおすすめいたしません。

商品番号4e 今回特別価格 5,930円  (税込送料別となります。

▼ご注文はこちらから▼

http://item.rakuten.co.jp/shopcomu/4e/

楽天オンラインショップ:http://www.rakuten.co.jp/shopcomu/

Facebookページ:https://www.facebook.com/romanianwinecleverjapan

私の生業「おもてなしの心」:http://www.toei1966.co.jp/

 


カテゴリー: 未分類 | コメントする

おもてなしの心が息衝く“おしぼり”

Oshibori

 

出されて、ホッとする“おしぼり”

実は、おしぼりにもおもてなしの心が息衝いております。

おもてなしの心で環境に配慮する“おしぼり”

 

私の生業でもあります“おしぼり”についてお話しさせていただきます。

現代では、海外文化が多く日本に持ち込まれ、“おしぼり”自体も、いわゆる“使い捨てる”ことが当たり前になってしまいました。ファーストフード店などお店によってゴミは、その象徴と言えるでしょう。捨てることを前提に作られた容器は、間違いなく環境を壊していきます。木材パルプやコットンでつくられる紙おしぼりはビニール製の袋に入れてあることが多く、1年で約29億枚近くの紙おしぼりが袋とともに廃棄されています。

おしぼり雑学「エコ・環境」:http://www.hok.or.jp/eco/index.htmlより

一見、使い捨ておしぼり・紙おしぼり等は、“one way”と言われ、繰り返さないで使い切るという観点から衛生的で、特に女性には、使い捨てのおしぼりの方が好まれるかもしれません。しかし、布製のおしぼりは使用後に回収・洗濯・充分な消毒殺菌をしております。皆さまの手で安心してお使いしていただけるよう衛生的且つ安全なおしぼりをお届けさせていただいております。

布おしぼりは再使用されています。「リデュース、リユース、リサイクル」が叫ばれる中、現代でもその姿を変えずにリユースを体現している物、つまり、再使用の産物、それがおしぼりなのです。エコ・環境に配慮したものなのです。

このおしぼりを日々“おもてなしの心”を添えて、提供させていただくことで、“おもてなし”の体現化を実現しております。

私の生業「おもてなしの心」:http://www.toei1966.co.jp/


カテゴリー: 未分類 | コメントする

失敗したくない賢い“ワイン”選び!!

あなたは“赤” それとも“白” どちらを好みますか!?

 基本的に、赤ワインは、皮と種には渋みがあるため、白ワインに比べて濃厚で渋みのある仕上がりになります!

そして、白ワインは渋い要素を除いて造られるため、とてもフルーティーで軽やかで甘い味わいです!

【出典赤ワインと白ワインの違いとは? ワインネット】

 

☆☆☆今回お勧めのルーマニアワインの“赤”はこちらです!★★★

ルーマニア独自品種のフェテスカ・ネアグラをカベルネ・ソーヴィニオンとメルローで包んだワインです。最初の口当たりはとてもよい香りと強い葡萄の味覚に襲われ、最後はタンニンを残す表現豊かな1本です。とても素晴らしい1本です!

(当店限定!日本独占販売の本格ルーマニアワイン)

フランボヤート2009年 赤 フルボディ 750ml

1111ブログd1

Flamboyant 〈フランボヤート〉

色  :赤

品 種:カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/フェテアスカ・ネアグラ

味  :フルボディ

生産年:2009

内容量:750ml

使用している葡萄の種類:カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロー/フェテアスカ・ネアグラ

世界で最も栽培されている黒ブドウ品種のひとつ、晩熟な品種であるため、温暖な気候と水はけのよい土地を好みます。

カベルネ・ソーヴィニヨンは、ワインがワインであるその定義を、その味わいを示してくれる、そんな期待を裏切らない安心感が魅力です。失敗したくないワイン選びのときは、このカベルネ・ソーヴィニヨンの名前があるワインを選ぶだけでも、少し安心することができると評判です。

メルローは赤ワインに利用される葡萄の代表種です。粘土質、石灰質の土壌を好む早熟タイプの品種で色が濃く、まろやかで濃厚なワインになり、カベルネ・ソーウィニヨンより熟成が早く進みます。フランス以外、世界各地で栽培され、日本でも栽培歴は比較的に長く、メルローという名は果粒の色が似ているところからプティ・メルル(小つぐみ)という小鳥の名が訛ったものと言います。

フェテアスカ・ネアグラ(Feteasca Neagra)はムンテニア地方で多く栽培され、ルーマニアのもっとも古い葡萄品種として知られています。熟期の糖分は200270 g/l で、ワインのアルコール1214%となります。

フェテアスカネアグラのワインは香り高く繊細な味わいで、深みのある赤色にルビーのような輝きがあります。

■ワイン原材料■

葡萄100% 酸化防止剤:亜硫酸塩

■ワイン保存方法■

横に寝かせて、暗く涼しい静かなところに保存してください。

温度は13~15℃、湿度は70~80%が最適です。

ご家庭の冷蔵庫での長期保管は、コルクが乾燥してしまいますし、

酒石が析出することがありますのでおすすめいたしません。

価 格:商品番号1d 当店通常価格 9,800 (税込)   

       ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回の特別価格として、更に2割値引きさせていただき、

価格 7,800円  (税込送料別となります。

▼ご注文はこちらから▼

http://item.rakuten.co.jp/shopcomu/1d/

楽天オンラインショップ:http://www.rakuten.co.jp/shopcomu/

Facebookページ:https://www.facebook.com/romanianwinecleverjapan

私の生業「おもてなしの心」:http://www.toei1966.co.jp/

 


カテゴリー: 未分類 | コメントする

『「想い」というビジョン』

本l

「おもてなし経営」
顧客を創造し続ける究極の方法。日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある。
著者:蓬台浩明氏

「まず“自分の想い”ありき。その想いを発信して、相手の想いを聞く。想いの微調整も含めて、お互いの想いが共有されたとき、2人の間には“思いやり”という花が咲きます。」

 

みなさまには、“自分の想い”とされることありますか?

まず自分の想いをうまく伝えることから始まり、相手の想いを素直に受け入れること。その想いの共有が創造に変わり、想いが具現化されます。

 

相手が何を求めているかを考えて、相手に即した自分の想いを発信し、相手の想い、求めていることを受け入れる。たとえば、100人いれば、100通りの想いがあって当然です。“自分の想い”ありきは、自分本位ではなく、100通りの想いの中から相手の想いに即した想いを見つけること。そして、相手が想い描く、求めている想いを共有できる自分の想いを発信することです。想いが共有できれば、初めてその想いが具現化していきます。

想いを創造にかえることが、「おもてなしの心」です。

今年も「想い」というビジョンをしっかり持って行動していきたいです。

 


カテゴリー: 未分類 | コメントする

今年も3Kに溢れた一年に!

本l

今年も目指すのは、「感謝・感動・感激」の3K人生!

 

「おもてなし経営」
顧客を創造し続ける究極の方法。日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある。
著者:蓬台浩明氏

「3Kのある職場をつくろう!3Kと言っても、よく言われる“きつい・汚い・危険”ではなく、“感謝・感動・感激”のある企業という意味です。3Kは私の人生のテーマでもあり、毎日を“感謝・感動・感激”で満たしたいと心の底から願っています。」

 

“感謝・感動・感激”を実践していくためには、いつも「ありがとう」と言う感謝の気持ちを忘れないで、相手を思い、感謝することが必要だと思います。感謝することで、自分自身も幸せな気分になり感動・感激します。相手も感謝されれば、幸せ気分に溢れることでしょう。

 

 あなたは、素直に「ありがとう」って言えますか?「ありがとう」でなく、「すみません」と言う言葉を多く言ってしまわないですか?誰もが、「すみません」と言う言葉より「ありがとう」と言われた方が格段とうれしい気分になると思います。「ありがとう」と言うには、相手に「感謝する」気持ちがなければ言えません。まずは素直に感謝の気持ちを持つことが必要です。感謝の気持ちさえあれば、感謝の気持ちを体現化した言動が、「ありがとう」が、自然と口から出ると思います。常に感謝の気持ちを相手に素直に伝えることができたら良いですね。お互いに感謝の気持ちを持ち合い、お互い「ありがとう」と言う感謝の気持ちが伝え合え、共有することができたならばお互い素敵な関係になれるのでしょう。

「おもてなしの心」は、お互い認め合う心、尊敬し合う心、素直な心、そして、感謝の心も込められています。

 

今年も3Kに溢れた1年にしていきたいですね。


カテゴリー: 未分類 | コメントする

一期一会の出逢い

本l

「おもてなし経営」
顧客を創造し続ける究極の方法。日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある。
著者:蓬台浩明氏

 

「あなたが人生で出会うすべての人は、あなたに与えるべき教訓と語るべき物語を持っています。毎日のように会う人びとは、あなたの思いやりや礼儀正しさを見せられる機会を多く提供してくれているのです。」

「袖振り合うも他生の縁」といわれ、道のいきすがりに、袖が振れ合うというような、偶然でほんのささやかな出会いであっても、それは前世からの深い縁で起こる。そんな出会い、そして縁や絆を大切にしていきたい・・・。  

「一期一会」・・・『あなたとこうして出会っている時間は、二度と巡っては来ないたった一度きりのもの。だから、この一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』人との出会いを大切に、人から人へ、手から手へ、心から心へ伝える“おもてなしの心”を体現化した「お客様をおもてなしする」精神を大切にしていきたい・・・。  

多くの縁に触れ、おもてなしの心をもって接し、多くの絆の輪をひろげていきたい・・・。

「おもてなしの心」は、出逢う人すべての人を感動させる“おもてなし”でもあります。

出逢った人を笑顔にさせたり、リラックスさせたり、癒したり、その場の雰囲気を和ませたりと、その人をよりポジティブの方向に気持ちも行動も向いてもらうように接することでもあります。

その時に必要なことは、「素直力」、「謙虚さ」、そして、「思いやり」です。

いつもこれらを意識して行動に移すことによって、出逢う人の心を豊かにさせていただくことも、自分自身の心も豊かにしていくこともできていけると思います。そして、それは自分自身の「おもてなしの心」の向上にも成長にもつながっていくことだと思います。

平成26年、今年も新たな出逢いに、「おもてなしの心」を持って接していきたいと思います。

そして、それぞれの出逢いに感謝していきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

 

 


カテゴリー: 未分類 | コメントする

腸内環境を整えるにも、是非、白ワインもお試しください!!

赤ワインは、ポリフェノールがたっぷりで美容にいいと言う話は、皆さまはよくお聞きすると思いますが、実は、白ワインに含まれています有機酸という成分によってデトックス効果は赤ワインよりも優れていると言えます。

忘年会続きの皆さま、胃腸もお疲れではないですか!?腸内環境を整えるにも、是非、白ワインもお試しください。

今日ご紹介させていただきます白ワインは、香りも華やかで泡のきめ細かいとても上質でフルーティーなルーマニアのスパークリングワインです。

甘味にボリュームがあり、余韻にも甘味が心地よく残ります。酸が柔らかい分、甘味が強く感じられます。

今年の冬、そして、クリスマス、忘年会には是非ルーマニアのスパークリングワインもお試しください。

 

☆☆☆冬にピッタリのお勧めのルーマニアスパークリングワインはこちらです!★★★

カシミアスパークリングホワイト2008年 白  やや甘口  750m

(当店限定!日本独占販売の本格ルーマニアワイン)

0806ブログ

 

冬に召し上がるどんな料理にも合わせやすい万能スパークリングワインです。とても華やかなワインなので、お祝い事や記念日、パーティーなどにもふさわしいワインです。プレゼントにも好適品です。

CASHMERE Sparkling WHITE〈カシミア スパークリング ホワイト〉
色     :白
品    種:タマイヨアサ・ロマネアスカ
味     :やや甘口
生産年:2008年
内容量:750ml

使用している葡萄の種類:タマイヨアサ・ロマネアスカ
ルーマニア中心部カルパティア山脈の南東、デアル・マーレ (Dealu Mare)地区で栽培されている白甘口・貴腐ワインです。限られた地区で厳しい環境の中栽培されることもあり「天の恵み」と呼ばれています。タマヨアサとは、香気な乙女という意味を持ち、女性を象徴しています。この名の通り、タマヨアサ・ロマネアスカ (Tamaioasa Romaneasca) 種はハチミツと高貴な華の香りを放ち、ゴールドの輝きがあります。 又、この品種はエイジングにも向いています。

■ワイン原材料■
葡萄100% 酸化防止剤:亜硫酸塩

■ワイン保存方法■
横に寝かせて、暗く涼しい静かなところに保存してください。
温度は13~15℃、湿度は70~80%が最適です。
ご家庭の冷蔵庫での長期保管は、コルクが乾燥してしまいますし、
酒石が析出することがありますのでおすすめいたしません。
価 格:商品番号1e   当店通常価格 6,830円 (税込)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回の特別価格として、更に2割値引きさせていただき、

価格 5,460円  (税込)  送料別となります。

 

▼ご注文はこちらから▼

http://item.rakuten.co.jp/shopcomu/1e/

楽天オンラインショップ:http://www.rakuten.co.jp/shopcomu/

Facebookページ:https://www.facebook.com/romanianwinecleverjapan

私の生業「おもてなしの心」:http://www.toei1966.co.jp/

 

 

1202ワイン画像③

 

 

 


カテゴリー: 未分類 | コメントする

今年のクリスマス、忘年会には、華やかなスパークリングワインはいかがですか!?

12月は、クリスマス!そして、忘年会のシーズンですね。

クリスマスや忘年会などの集まりには、スパークリングワインがあるとその場が華やかになりますね。

冬に召し上がるワインは、熟成感があるしっかりしたタイプがお勧めです。

爽快な飲み口が好まれる夏に対し、冬はローストチキンやコクのあるチーズなどの食材に合う銘柄が好まれます。

今年の冬、そして、クリスマス、忘年会には是非ルーマニアのスパークリングワインもお試しください。

 

☆☆☆冬にピッタリのお勧めのルーマニアスパークリングワインはこちらです!★★★

カシミアスパークリングロゼ 2012年 ロゼ 甘口 750ml

(当店限定!日本独占販売の本格ルーマニアワイン)

冬に召し上がるどんな料理にも合わせやすい万能スパークリングワインです。とても華やかなワインなので、お祝い事や記念日、パーティーなどにもふさわしいワインです。甘口で女性向の味となっております。そして、プレゼントにも喜ばれます。

0803ブログ

 

CASHMERE    Sparkling ROSE〈カシミア スパークリング ロゼ〉

色  :ロゼ

品 種:ブスヨアカ・デ・ボホティン

味      :甘口

生産年:2012年

内容量:750ml

使用している葡萄の種類:ブスヨアカ・デ・ボホティン

ブスヨアカ・デ・ボホティンとは、タマヨアサと同じ地域、同じ製法で生み出される貴腐ワインの事です。ブスヨアカという名は、昔女性が香水の代わりとして使用していた名前です。栽培地域モルドヴァ地方で、栽培面積約100ヘクタール。2000年以上の歴史を持ちます。

■ワイン原材料■

葡萄100% 酸化防止剤:亜硫酸塩

■ワイン保存方法■

横に寝かせて、暗く涼しい静かなところに保存してください。

温度は13~15℃、湿度は70~80%が最適です。

ご家庭の冷蔵庫での長期保管は、コルクが乾燥してしまいますし、酒石が析出することがありますのでおすすめいたしません。

 

価 格:商品番号3e 当店通常価格 6,830円 (税込)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

今回の特別価格として、更に2割値引きさせていただき、

価格 5,460円  (税込)  送料別となります。

 

▼ご注文はこちらから▼

http://item.rakuten.co.jp/shopcomu/3e/

 

楽天オンラインショップ:http://www.rakuten.co.jp/shopcomu/

 

Facebookページ:https://www.facebook.com/romanianwinecleverjapan

 

私の生業「おもてなしの心」:http://www.toei1966.co.jp/

 

 

1202ワイン画像③

 

 

 


カテゴリー: 未分類 | コメントする