挨拶で始まり、挨拶で終わる

おはようございます +228

『挨拶で始まり、挨拶で終わる。』


 

 

 

 

 

 

 

まずは、私にとって、「おもてなしの心」とは、その原点となっていることは、相手に感動していただけるよう心をこめて“おもてなし”をさせていただくことです。そのためには自分本位でなく、相手のことを認め、敬い、相手の存在価値を最大限に評価していることを言葉と行動で示し伝えること、つまり“カタチ”にして指し示すことです。
そして、そのおもてなしの心で接することで、多くの笑顔に出会えることが最大の喜びです。

みなさんは、毎朝、朝活と言われます「おはようございます!」の挨拶をされていらっしゃると思いますが、実は、まさにこの挨拶こそが「おもてなしの心」でもあります。

たった一言の「おはようございます!」ですが、実は、こちら側が相手の存在価値を認め、大切にしていることを言葉で示した“おもてなし”です。相手のことを認め、敬い、同じように相手にこちら側の存在を認めていただくことで、“おもてなし”を共感できていけるのだと思います。したがって、この挨拶が、相手にとってストレスを感じさせたり、与えたり、同じように自分自身もストレスに感じてしまうとおもてなしの心からかけ離れたものになってしまいます。

ですから私は、たった一言の「おはようございます!」の文字で書けば毎朝同じ言葉を、実は、毎朝、笑顔で楽しく、わくわく、ドキドキしながら「おはようございます!」のコメントをさせていただいております。相手の方に自分のおもてなしの心が伝わるように・・・。
全ての方に伝わっているとは思いませんが、私は、みなさんからの「おはようございます!」の言葉でもてなされていることを実感しています。いつもいつもありがとうございます!

そして、今後も、決して、義務感でなく、朝最初の“おもてなし”の習慣として取り組んでいきます。そして、できるときにできることを楽しみながら、日々継続をもってしていきたいと思います。今後もよろしくお願いします。

毎朝の「おはようございます!」の朝活も実は「おもてなしの心」を体現化した言葉である!

挨拶で始まって、挨拶で終わる。今日も実行していきます。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す