人から理解してほしい自分

おはようございます +166

『人から理解してほしい自分』

「おもてなし経営」
顧客を創造し続ける究極の方法。日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある。
著者:蓬台浩明氏

 

 

 

 

 

 

 

本来、人間は、本当の自分と、人から評価される自分があります。そして、もっとも大切なのは“人から理解してほしい自分”です。

「それでは、仮面の自分と、本当の自分とを比べてみてください。

本当の自分は、あなたが好きな自分、あなたが周りからわかってほしいと思う自分です。

本当の自分は、たとえば親しい友人たちや家族とくつろいでいるときの自分です。あなたは冗談や駄洒落を言って、周りを笑わせているかもしれません。逆に、ゆったりと落ち着いて心穏やかにいるかもしれません。

仮面の自分は、たとえば仕事をしているときの自分です。人によっては、家族といるときの自分、ということもあるかもしれません。

自分自身を思い切ってさらけ出してみれば、周りはきっと受け入れてくれるはずです。」

まず初めに、相手を素直に好意的に受け入れることによって、相手も自分自身を受け入れてくれる姿勢をとっていただけます。そして、そこに信頼関係が生まれます。自分自身を思い切ってさらけ出すこと、素直に誠実に向き合うことができれば、相手は信頼感を寄せてきます。突き詰めれば、“おもてなし”とは信頼づくりから始まります。

相手から理解してほしい自分を受け入れていただくこと、つまり信頼してもらうということが“おもてなし”です。

仮面をかぶったままでは、あなたの本来の力は発揮できません。“おもてなし”の具現化になりません。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す