完璧な人ではなく、完璧な自分になる

みなさん、こんにちは +128

『完璧な人ではなく、完璧な自分になる』

「おもてなし経営」
顧客を創造し続ける究極の方法。日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある。
著者:蓬台浩明氏

 

 

 

 

 

 

 

「まずあなたは、どんな自分でいたいか、明確なイメージを持っていますか?自分が何になりたいか、どういう自分になりたいかを明確にイメージできていることはすばらしいことです。心理学者のマズローは、「欲求の段階説」で、人間の最高の欲求は「なれる最高の自分になりたいという欲求」であるとし、それを「自己実現の欲求」と名付けています。

誰しも完璧な人にはなれないでしょう。しかし、完璧な自分にならなれるのです!だからこそ、自分がどうありたいのか、どうあるべきなのか、なれる最高の自分はどんなものかを考え抜き、しっかりしたイメージを持つことが重要です。」

 

私たちは、日々、さまざまな人との出会いや出来事に遭遇し、大小の発見や感動を受けたり、反応したりすることがあります。常にアンテナを張り巡らせていて、もしかすると見逃してしまうような、見過ごしてしまうようなちょっとしたことでも主体的に目を向けたり、耳を傾けたりすることで、それが将来の自分にとって大きなプラスにつながるきっかけになる場合もあります。ポジティブシンキング・プラス的な思考を持って、なれる最高の自分をイメージして、自己実現することで完璧な自分になります。

 


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す