目指すのは、「感謝・感動・感激」の3K人生

おはようございます +97

『目指すのは、「感謝・感動・感激」の3K人生』

「おもてなし経営」
顧客を創造し続ける究極の方法。日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある。
著者:蓬台浩明氏

 

 

 

 

 

 

 

「3Kのある職場をつくろう!3Kと言っても、よく言われる“きつい・汚い・危険”ではなく、“感謝・感動・感激”のある企業という意味です。3Kは私の人生のテーマでもあり、毎日を“感謝・感動・感激”で満たしたいと心の底から願っています。」

 

“感謝・感動・感激”を実践していくためには、いつも「ありがとう」と言う感謝の気持ちを忘れないで、相手を思い、感謝することが必要だと思います。感謝することで、自分自身も幸せな気分になり感動・感激します。相手も感謝されれば、幸せ気分に溢れることでしょう。

あなたは、素直に「ありがとう」って言えますか?「ありがとう」でなく、「すみません」と言う言葉を多く言ってしまわないですか?誰もが、「すみません」と言う言葉より「ありがとう」と言われた方が格段とうれしい気分になると思います。「ありがとう」と言うには、相手に「感謝する」気持ちがなければ言えません。まずは素直に感謝の気持ちを持つことが必要です。感謝の気持ちさえあれば、感謝の気持ちを体現化した言動が、「ありがとう」が、自然と口から出ると思います。常に感謝の気持ちを相手に素直に伝えることができたら良いですね。お互いに感謝の気持ちを持ち合い、お互い「ありがとう」と言う感謝の気持ちが伝え合え、共有することができたならばお互い素敵な関係になれるのでしょう。

「おもてなしの心」は、お互い認め合う心、尊敬し合う心、素直な心、そして、感謝の心も込められています。

今日も3Kに溢れた一日にしていきたいですね。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す