真のコミュニケーション

おはようございます +96

『真のコミュニケーション』

 

 

 

 

 

 

 

PCやケータイというインターネットツールが出現してから、メール等でのやり取りが増え、文字だけに頼る文字コミュニケーションが進んできました。直に会っての対面コミュニケーションの機会が少なくなったような気もします。ITの技術的進歩・進化で便利になったことは確かですが、極端なことを言いますと一度も顔を合わすこともなく仕事もできてしまう環境です。そうなりますと、人間関係が希薄になり、実際に対面での人と人とのやり取りや関係がうまくとれない人も少なくありません。

 

実際のコミュニケーションで必要なことは、相手の言葉だけを単に聞くだけではなく、相手の表情や態度をしっかり見ること、相手の真意を聴き取ること。そして、自分の心が相手にしっかりと届くように、相手と向き合い、心をこめて話すことが必要だと思います。つまり、まず相手の存在価値を認め、敬い、素直に相手の言葉や態度や表情を受けとめていくことです。「おもてなしの心」を持って接するということです。

 

実際に会って、相手と向き合い、おもてなしの心を持って接していくことで、つながりや関係がさらに深まっていきます。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す