おもてなしの心を磨き、最高のおもてなしを

Oshibori

 

私にとって毎日が『ホスピタリティ・デー』です。

つまり「おもてなしの心」を持って“もてなす”日です。

私にとっての「おもてなしの心」の着地点=目的地は、相手に、お客様に、どうしたら喜んでいただけるか? 相手と、お客様と、どうしたらつながりをもっていただけるのか? 相手と、お客様と、どうしたら取り引きをしていただけるのか? 自分自身は、相手は、お客様は、どうしたら成功できるのか? ここが目的地になるわけです。ここが“おもてなし”です。

私が、個人的にも有意義で快適な人生を送るにも目的地が必要となります。会社の成功、発展や栄華を欲するにも目的地が必要となります。そして、その目的地は、どんな目的地であったとしても「おもてなしの心」を磨き続けてさいいればたどり着くことができます。当然、努力は必要ですが・・・。

そして、この目的地は、簡単に歩いて行けるまでの近い距離にある目的地であったり、車に乗って長い時間走らせてやっとたどり着く遠い目的地まで様々な目的地までの距離があります。また、その目的地にたどり着くまでの手段、道筋、道程等も様々あります。

そして、この目的地までの距離間と過程は、「おもてなしの心」の磨き方によって異なってくると思います。

この人には、このお客様には、今、どんな“おもてなし”が必要なのかイメージして目的地を定めます。目的地が定まったら、より効果的にこの目的地までたどり着くための距離感と過程をどう演出していったらいいか、結果、相手やお客様が喜んでいただけること。相手に、お客様に、最高の“おもてなし”どう振る舞うかです。

私は、この目的地までの距離感と過程をどのように演出していくかワクワク楽しみながら取り組んでおります。

相手に、あるいはお客様に最高の“おもてなし”を提供することができたということは、自分自身の「おもてなしの心」が磨かれたということにもなります。

今後も、最高の“おもてなし”をできるように、日々、「おもてなしの心」を磨いていきたいと思います。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す