人に好かれる

おはようございます。

『人に好かれる』

「おもてなし経営」
顧客を創造し続ける究極の方法。日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある。
著者:蓬台浩明氏

本l

 

 

 

 

 

 

 

「世間は人を判断する場合、好ましいか、好ましくないかを重視します。人間のものの見方・考え方は必ず態度に表れるものです。その態度が、感じがいいかどうかで人は判断されます。この世間の観察眼を忘れてはなりません。人に好かれる人物にならなければ、その世界で成功し続けることはできないのです。」

世の中には、運に恵まれたり、努力の結晶で成功された方はいらっしゃいます。

この運に恵まれた背景には、環境や人が要因となっております。つまり、成功をもたらしてくれた運は、良好な人間関係や人的環境から生まれたものです。また、努力の結晶の背景にも、応援してくれる多くの人がいてくれたから努力が実ったのです。

ですから、「人に好かれる」ことが成功への第一歩です。

人に好かれることは、人が応援をしてくれること。その人とのつながりや縁を一つ一つ築いていくことによって、人縁ネットワークが形成されていきます。この人縁ネットワークが商売上のお客様の数です。

「おもてなしの心」は、まずは相手のことを好意的に受け入れることから始まり、自分自身も「人から好かれる人になる」ことが大切です。「人に好かれる」ことによって、より良い人間関係やつながりを持つことになり、“おもてなし”という行為の具現化につながります。

 


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す