知識社会(知識労働)の生産性をあげる6つの条件

おはようございます +275

『知識社会(知識労働)の生産性をあげる6つの条件』

「おもてなし経営」
顧客を創造し続ける究極の方法。日本が誇るべき「心」の経営のお手本がここにある。
著者:蓬台浩明氏

 

 

 

 

 

 

 

○ドラッカーに学んだ「おもてなし」の経営

(ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker, ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 1909年11月19日2005年11月11日)は、オーストリアウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人[1]経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者、またマネジメントのグルの中のグルと呼ばれる)

ドラッカーは、「知識社会(知識労働)の生産性をあげる6つの条件」として、私たちに次の6つをわかりやすく教えてくれています。

1.仕事の目的を考える・

2.働く者自身が生産性向上の責任を担う。自らマネジメントをして、自立性を保つ。

3.継続してイノベーションを行う。

4.自ら継続して学び、人に教える。

5.知識労働の生産性は、量より質の問題であることを認識する。

6.知識労働者は、組織にとってコストではなく資本財であることを意識する。

ドラッカーは、経営者のコンサルタントとして、会社の経営課題に対して本質を言語化してくれています。

「知識社会(知識労働)の生産性をあげる6つの条件」は、私自身まだまだできていないことがあります。「おもてなしの心」の経営をしっかりとマスターしていきます。


カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す